足りないところメモ

スペルブレイカーの対応速度の向上
ステイシス狙いくさいWL等には味方がくる数秒でも止められるのが理想
捻じれた鍵を手癖にする
クラストへの対策
視野を広く
味方皿や連へのブラギ意識
インスピを使った同PTのRGへのフリッグかけ直し(見かけたらレベルで入れる
ピオニーマミーをけちらない
パイクレをちゃんと使う

目標は高く(キリッ

11/9Gv

サブPCが息をしなくなりました。

165民で参加。

開始前
この日は久しぶりに来る人や、しばらく休んでいた人が来ていて
開始時に肉入り30人程でした。
しかしもう一人いるはずの民が遅刻で開幕居らず、非情の民一人。

DIA指揮「今日はオールスターだな!」

内心ふざけんなと思いながら準備を進めていたら、

「もう一人の民が来るまで民だそうか?」
「ABも足りないから駄目」

11111.jpg
民一人の覚悟を決めて動き方の調整を考えていたら。

ばらいこRG「今日RG6人いるわー」
ばらいこWL「WLも6人いるw」

民業界の人材不足は深刻。
DIAが王者の風格を漂わせながらGvが始まる。


開幕は偵察から軽く割りまわしをしてN3のNT防衛へ。
旗が同盟の灯だったようで、攻め守り双方旗無しという珍しい状況。
入り口防衛をNTがしていたので、ついた人から突っ込んで荒らし1守護側でEMC。


1守護を割り2守護攻め。
こっちが硬いんだよなーと軽くうんざりしながら行くが、
壁越しの妨害がほとんどないせいでそこまでてこずった印象も無かった。


その後もそこまで妨害がきついという印象も無く、
ふらふらとRKの方に歩いていってクラストでやられたりしながらもDIAは奥へ奥へ。
EMC→ブラギ→短剣に持ち替えてフリッグ→集中→ブラギ
という動作を繰り返しているだけで終わりました。


その後はそのまま防衛に入るが、こっちの方がきつかった。
民が一人で、2PCにもいなかったのでブラギを出し続けなければいけなくて、
コートが切れて鎧が破壊され、SPが減って雑煮を使い残量が底をつきかけ。
防衛開始してから20分砦に入りっぱなしで、民が二人になったのを確認した瞬間蝶の羽。


その後はN3から出て別砦をふらふらしていると、再びNTがN3を防衛。
当然のように行き、先ほどと同じようにそこまで時間をかけることもなくエンペを割る。
僕は途中で死んで、デコイにはまり二度目のNT攻めは大して仕事できませんでした。
緊張が切れたんでしょう。


確保の時間になり各所へ偵察を飛ばし結果は8砦でした。


@@@
前がしっかりしていると意外にそこまで攻撃をくらうこともなく、
ベースに戻ったのが不用意なRKへの接近という個人の反省だけになっていた。
ブーンPOTも重量の関係で大して持ち込めないので広範囲へのブラギ回しが難しく、
せめて死なないように立ち回りをもっと見直していきたい。


11112.jpg
DIAにいると心身共に鍛えられます。
上の会話やらを威圧感にいる民に話し、
「民1だったらどうする?」と聞いてみた結果。

「リンカーやるか、急病になるか、急用が入る」

仕上がったリアル立ち回りに対し、僕は言葉を持たない。